上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.01.25 養子って?
ムスコの選択・決断は
むすこにとっては一大事で

さんざん悩んで

親も悩み


結局元々のチームメイトが7人行ってしまった
チームにうつることにした。


4人の下級生たちをおいて
自分だけ行くことに感じた罪悪感や
監督に対する思いを思うと


まっすぐ育ったな~~って
わが子ながら
関心した。


ムスコの気持ちはちゃんと監督に伝えなければ。


朝監督の家に話をしに行った。


試合にでたいからという理由で
今までお世話になったチームを抜けることを詫び

ずいぶんと迷って出した決断だと言うことを伝えた。


試合に出たいとだけ聞けば
単なるわがままのようにもとれるが
大人たちの勝手でばらばらになった仲間と
もう一度一緒にやれる。


絶対無理だとあきらめていたのに
ここでできるかもしれないという
ムスコの気持ちを思えば
どうしてでもやらせてやりたい。


ムスコが5年生になる春
監督の奥様であるマネージャーが
すっかりチームの評判を落としてくれて
部員が3人になった。


ずいぶん勧誘もしたけど
返ってくる言葉は


「マネージャーがな~~・・・・。」


あきらめかけていたとき
ムスコの1級下の子供が何人か入ってきた。

その子たちに誘われて
また何人かの子供が入った。

3人じゃソフトもできないとあきらめていたのに
またやっていけるねとみんな喜んだ。


ボールもさわったことないような子供たちばかりで
試合に行っても負けるばかり。

怒られて殴られて
暑い日も寒い日も
一生懸命練習して
1年後には地区の大会で
優勝できるくらいに成長した。



初めての優勝の後
一人の子供がマネージャーにやめさせられた。



理由は自分に逆らう親が気に入らないから。



自分のチームなんだから
気にいらない人はやめてもらって当たり前。


今までもその姿勢で何人もやめさせてきた。


愛想をつかした親の子供たちが5人やめていった。



そして彼らは新しいチームを立ち上げ
仲のよかった子供たちはバラバラになった。


そのときは今のチームがいいからと
うつることをしなかったムスコも

卒業まであと2ヶ月というところで
そのチームに移ることにした。



監督は思っていたよりすんなりとわかってくれた。

激怒されるかなーーとも思っていたが


「OBとして下級生を教えにおいで」とまで言ってくれた。


よかった~~~。
ちゃんと話せばわかってくれるんじゃん。

ムスコの喜ぶ顔が目に浮かんだ。




2時間後
監督から電話がかかり


「さっきの話はなかったことに・・・」


「はぁ~~~ッッ???」


びっくり。





なんじゃ?それ?






マネージャーに話したら

裏切り者をOBにするわけにはいかないから
OBと呼ぶこともしないし
二度とこないでくれ

うちの出身だと言うこともやめてくれ

ということらしい。


「それは監督も同じ考えですか?」

「縁切りということですね??」


返事を濁した。


いつもはマネージャーに言わされてるな~~と思っても
自分の意見のように言っていた監督が

今日は何を聞いても

「いや、マネージャーが・・・」と。

情けないジジィに成り下がっていた。



「うちの監督は養子じゃから 
 家もなけりゃ金もない
 ここを追い出されたら
 行くとこがないんじゃから  
 あたしに逆らうことはできんのじゃ」


マネージャーがいつも言っていたのを思い出した。


この度は監督が審判部長をしている組織の
副会長にもそう言ったらしい



そっか。



家も金もない養子なんじゃから
なさけないジジィでも仕方ないよな。




って・・・





養子ってそうなんですか???



ここ数日のムスコの苦悩も
あたしの悩みも
ばかばかしいもんに思えて笑えてきた。


監督の本心はわかるような気もするし。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nandakanaya.blog43.fc2.com/tb.php/48-7d586d8c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。