上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やってきました。




民事訴訟裁判強制執行最終通告書





漢字が多すぎてワケわからないんですケド・・・。




この度、ご通知いたしましたのは、貴殿に対する民事訴訟裁判起訴事実についてです。貴殿は御契約会社及び、回収業者から起訴されましたので当局までご連絡下さい。
 こちら「総合消費者民法特例法」上、財務局認可通達書となっておりますので、連絡なきお客様につきましてはやむを得ず裁判所からの書類通達書、指定裁判所へ出廷となります。また、裁判後の処置と致しまして、給料の差し押さえ及び、動産物、不動産物の差し押さえを強制執行させて頂きます。また、当局と執行官による「執行証書の交付」を承諾していただくようお願いすると同時に債権譲渡証明書を一通郵送させて頂きますので、ご承知の上ご返送下さい。尚、書面での通達となりますのでプライバシー保護の為、請求金額等は当局職員までご連絡ください。以上を持ちまして最終通達とさせて頂きます。

裁判取り下げ最終期日 平成18年7月14日

財団法人 日本財務局総合管理部
〒110-0015
東京都台東区東上野1-7-12
(代表)TEL03-3833-2415
電話受付時間 9:00~18:00(土、日、祭日を除く)




メールは何回かあったけど
はがきは初めて。



電話してみたい衝動に駆られたけど
まだかけてない。



ウソとわかってても
はがき見た瞬間はドキっとしたけど


ホント読む気にもならないほど漢字が多いもんで
まだ最後まで読んでない。



これ読む気になって理解できた方
かいつまんで内容を教えてください。





50円もかけてこのはがき出した人もバカだね。


あたしのとこにこんな漢字の多いはがき出したって
読むわけないじゃん。


もっと相手を選んで出すべきですよって
やっぱ電話してあげるべき?



ていうか・・・





このはがきが我が家の到着したのは7月15日




でもって




裁判取り下げ最終期日が平成18年7月14日




って・・・





もうすんでるんですけど・・・。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。