上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02.02 きっかけは?
犬と暮らし始めたきっかけ・・・。



犬がほしいほしいと言い出した長女。


犬は飼ったほうが子供のためと言い出すダンナ。


犬は嫌いなムスコ。



うちにはうさぎがいるからぜーーーーったいムリとあたし。




実家にもずっと犬がいたし犬は嫌いではない。
でも世話が大変ってのも知っている。



「世話は全部自分がするからぁ~~~」と長女




でも



そんなのはウソだとわかりきっている。


あたしも子供の頃

「世話は全部自分でするからぁ~~~」と言って
捨て犬を拾ってきたが
世話をしたのはほんのわずか。


同じ手にはひっかりませんことよ。


うさぎだって全部自分がといいながら
何もしない長女
犬なんかカンベンして。


ある日
うさぎのフードを買いに行ったペットショップで
里親募集していた子犬


黒くてモハモハでたまらん。
あたしの方が一目ぼれ


当然長女のほしいほしい攻撃
犬を連れたおじさんのもってけもってけ攻撃


あくまでも犬は飼わない姿勢をくずさないあたし。


「じゃあ、おとーやんに電話してごらん」と
長女に電話をさせ

長女が面倒見られない分は全部ダンナがするという約束で



「お母さんは何もしないからね」と



黒くてモハモハの子犬をもらって帰った。


何もしないけど名前くらいはお母さんがと
勝手な理屈をつけ


アラシ


と命名。


アラシは性格もよくてかわいくて
犬のいる生活は楽しかった。


DSC00046.jpg




半年後
楽しい生活が終わった。


いつもは散歩に行こう行こうと起こされるのに
その朝は何も言わなかった。


「アラシが死んどる」


庭で放し飼いにしていたアラシは
どうやって外に出たのかわからないけど
雨に濡れて道路に横たわっていた。


注意が足りなすぎた。



どう考えてもどうやって出て行ったのかわからない。



でも



黒くてモハモハで大きかったアラシは
小さな箱に入って戻ってきた。


色んな思いがぐるぐる回って
悔やんでも悔やみきれない。


アラシのおかげで毎日楽しかったし
犬のいる生活の心地よさを教えてもらった。


もう生き物を飼うのはやめよう


舌の根も乾かないうちに
くくりを迎えることになった。

くくりについては
本家HPの方へ・・・。



くくりとアラシは似ている。
くくりはアラシの生まれ変わり何じゃないかと思うくらい。


あの時アラシに出会ってなければ
今のくくりとの生活もなかっただろうし。


きっと今でも犬は世話が大変だからは飼わない
って言ってるのかもしれないな~~~。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。